活動報告
親子でサバイバル
〜もしもの時に役立つアウトドア技術〜

日時 2009年2月28日(土) 10:00〜17:00
場所 今宿野外活動センター
主催 防災どんたく実行委員会
共催 福岡市スポーツ振興事業団、福岡市
協力 福岡市水道局、福岡レスキューサポート・バイクネットワーク

今年で2回目のこのイベント。
福岡県内の市民活動団体や行政機関や個人で作る防災どんたく実行委員会の構成団体として、
福岡レスキューサポート・バイクネットワーク(以下:RB)も「親子でサバイバル」と言うイベントの運営に協力しました。

防災どんたく実行委員会へのリンク→こちら


午前中(サバイバルクッキング)
午前中は参加者を9個にグループ分け、、
災害時の被災地に届いた救援物資を分配、調理するという想定です。
これで災害時の混乱と共助の雰囲気を味わっていただきました。

クッキングのルールはこんな感じでした。
(1) カマドは各チーム1個、レンガで作ってもらいます
(2) 支給された限られた食材でおかずを作る。何を作るかはチームにお任せ
(3) お米の炊き方は2通りを体験
  @ジュースの空き缶を使って炊飯
  A非常用炊飯袋 
(4) 今年は福岡市の給水車が登場!
炊き出しは、なるべく水の使用量を減らすように努力してみて下さい。
最後に使った分を計量して、1人分の水の使用量を調べてみましょう。
(これは各チームで競争!少なかったチームの勝ち!)

イベント開始1時間前に
スタッフ総勢約20名設営を
開始しました。

駐車場誘導も配置完了。
今年で2回目のイベントなので
準備もスムーズです
受付班のスポーツ振興事業団
(以下:スポ進)
総員配置完了!

10時に参加の皆さんも集合
開会式を始めました。
開会式の進行はスポ進、梅木姐さん

開会式も滞りなく終了

防災&水道局に関する
○×クイズで、ツカミはOK

今年も景品は豪華でした
景品を提供して頂きました
関係機関の皆さまありがとうございました

さて、午前のメインイベント
被災時を想定した緊急炊き出し体験です

お昼ごはん用の食材
今回は複数の家庭菜園から
お野菜を提供して頂きました。

今年の飲料水は福岡市の給水車から供給
水道局さん、ご協力感謝します

ほとんどの皆さんが給水車
初体験のようで、
子供たちは大喜びでした

数も内容も適当に食材が支給されます。
献立やら食材の配分やらを全て
参加者(被災者)で話し合って決めて頂きます

知らない人同士でグループを作って
作業をしていますが
意外とスムーズに進んでいます

こんな時は子どもも大きな戦力(?)です

火起しが大変ですね。

今回も薪の湿気が多く
火起しでの苦戦が続出でした。

だんだんと出来てきました。
子ども良く働きます

このグループはシチューですね
いい匂いがしていました。

知らない人同士の協力の体験と
普段のご近所付き合いの大切さを
感じて頂けたら幸いです

みんなで協力して作ったご飯は
最高においしかったようです

スタッフ用の食事も準備していましたが
「おすそわけ」をたくさん頂き
ほんと嬉しかったです。
ってコトで来年の、スタッフの食事は。。。。。


午後(ロープワーク、応急手当、体を動かす遊び)
午後は、参加者を3グループに分けて
3つのお勉強を楽しんで頂きました。

(1つ目)担当はスポーツ振興事業団さん
避難所生活のとき、、道具が無くても
子どものストレスを解消させる事が出来る
遊びを体験して頂きました。

単純に遊んでいるようですが、
被災時の子どものストレスの問題は
結構重要な問題ですよね

(2つ目)福岡RBの二村さんによる
災害時に役に立つロープの使い方

ロープとブルーシートで雨除けの
テントを作る方法もマスターして頂きました。

(番外)午後のパートが行われている中
人知れず、午前の部で使った鍋のススを
磨いて奇麗にしているスタッフも居ました。

(3つ目)福岡市東消防署の城さんによる
応急手当ての講習

簡単な搬送方法、骨折した時の固定方法
止血方法など優しく教えて頂きました。

子どもも大人も真剣に取り組んで頂きました

そして最後にお土産を配って解散
参加者の皆さんに書いて頂いたアンケートの
結果を見ると概ね好評で安堵しました

水節約コンテスト結果

順位 チーム 1人分の水使用量
[リットル]

小学生未満は
0.9人で計算
優勝 B−1 0.57
B−2
3位 C−3 0.58
4位 A−2 0.63
5位 A−3 0.82
6位 C−1 1.02
7位 A−1 1.09
8位 C−2 1.50
これは調理終了までの水の使用量の集計です。
時間の都合で、あと片付け時使用量は除外して計測しています。


スタッフ集合写真(イベント終了後)

今年で第2回目の「親子でサバイバル」は無事に終了しました。
参加者の皆さんにも好評のこのイベント
来年は県内2箇所ぐらいで開催したいと思っています。