災害救援ボランティアセミナー
「災害の時、わたしたちにできる事」

基山会場: 2005年1月22日10:00〜15:00
唐津会場: 2005年1月29日10:00〜15:00
主催:佐賀県社会福祉協議会


講師:福岡RB 波多江(アシスタント:八坂)
性懲りも無くまた、講師を引き受けました。
災害ボランティアの輪を広めることも
RBの大事な使命と考えていますので、
場違いなのは承知の上です。(^^

人に話すことによって、自分が災害ボラについて
再認識する良い機会になっています。
   
                    (記:八坂)
<講義内容>
(1)福岡RBの紹介
   2003年福岡市西月隈水害被災地支援活動 
         (福岡県内のRBの実情)
   2003年熊本県水俣市水害被災地支援活動
   2004年佐賀市竜巻被災地支援活動
   2004年大分県台風23号被災状況調査

(2)もしも水害に遭ってしまったら
   〜自分を守る、家族を守る

(3)隣近所の大切さ
   
〜被災しないために、被害をできるだけ少なくするために

(4)災害ボランティアとは
  
 〜災害ボランティアとはどんなボランティアなんだろう?

(5)誰でもできる災害ボランティア

   〜どんなボランティア活動があるのだろう

(6)ボクらが被災地支援をはじめたきっかけ
   〜被災した誰かの為に、なんて考えてなかったんです、実は…

(7)簡易図上訓練



2005年1月22日 基山会場

発表原稿を忘れて来て
焦って合わせ中(冷汗)

50人以上が集まってくれました。
災害ボランティアに対する関心は高いです

これが災害ボランティアセンターだー!って
熱血講義中

予想外の質問にタジログ小者の代表

水害を想定してチョットした図上訓練を
やってみました。

主要道路、主要河川、避難所、
避難ルート、避難後の生活について
シュミュレーションしました

参加者の皆さんで発表
議論してみました


2005年1月29日 唐津会場

唐津でも熱弁の副代表(波多江)

図上訓練巡回中


参加者の皆さんお疲れ様でした。



もどる